Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川グローバルロジ 国際宅配便を一新、国際メール便開始

    2011年9月15日

     
     
     

     佐川グローバルロジスティクス(荒木秀夫社長、東京都品川区)は1日から、国際宅配便「sgx」を全面リニューアルするとともに国際メール便の取り扱いも開始した。既に提供してきたsgxのサービスを整理・統合したもの。


    0911-2.jpg
     新メニューは「海外へビジネスタイム便」「海外へオールインパック」「海外から佐川急便」「海外へメール便」で構成。ビジネスタイム便は日本発海外向けの通常エクスプレス便で、220以上の国や地域にドア・ツー・ドアで配達する。細かく設定した運賃で実重量0.5kg刻みの「利用しやすい運賃体系にした」という。集荷の翌日には航空機に搭載し、アジア圏なら最速で「集荷日プラス2日」で届く。
     新設されたメール便は、主に定期刊行物やアニュアルレポート、雑誌、カタログなどを扱う。「低価格でメール便の大量発送に最適」としている。
    ◎関連リンク→ 佐川グローバルロジスティクス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら