Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川急便 トラックから台車へ、京都で実証実験

    2011年11月9日

     
     
     

     佐川急便は10月13日、全ト協が執行団体となり、国からの助成金を活用して行う「低炭素型自動車交通推進事業」に採択されたことで、合同会社KICS(職務執行者=堀部素弘、京都市下京区)と協同で実証実験を行うと発表した。


    1131-20.jpg
     京都市の都心商業地区で集配拠点を整備し、通常はトラックが集配するエリアで台車に切り替えることにより、省エネ化・低炭素化の実現を図るもの。現在、同エリアではトラック24台が稼働しているが、新たにサービスセンターを設置することで将来的には台車による集配に最大8割切り替えるのが目標。CO2排出削減効果は、昨年度に比べ約80%減を見込めるという。また、サービスセンターなどを設置することで「地域に密着した、きめ細かい対応で顧客満足度の向上にもつながる」としている。
     実験の効果検証は11月10日から来年1月10日までの2か月間行われる。すでに1店舗目のサービスセンターを開設、業務を開始しており、今後、商業地区に順次開設していく。
    ◎関連リンク→ 佐川急便株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら