Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    給与低下で人手不足 バブル時は年収1000万円

    2011年11月2日

     
     
     

     バブル時代、運送業界の賃金は高額で、年収1000万円に達するドライバーも多くいた。しかし、現在では人手不足にもかかわらず、年収は300万円程度。その結果、規則正しい労働時間が約束される他産業へ転職する人も多くなった。
     海コンドライバーになれば、年収1000万円は確実と言われていたが、現在では過当競争に伴い運賃が低下。トレーラ1台で80万円から100万円程度。燃料高騰や車両費の高額化、福利厚生を考えれば手取りで20万円前後の給与しか支払えず、かつてのバブル期のように海コントレーラ1台で200万円を超える売り上げや50万円を超える給与は不可能となってしまった。


     大阪府和泉市で海コン輸送を行う運送会社は「現在、総額で給与35万円程度を支払っている。しかし、海コン輸送だけでは売り上げは100万円程度。他の長距離輸送や、複数の仕事を加えてようやく売り上げが150万円を超え、35万円支払える状態」と話す。さらに、「海コンだけで長距離を拒むドライバーは売り上げも低く、給与は25万円程度。やはり10万円の差額が生じてしまうなど、同じトレーラのドライバーでも給与に大きな差が生じる」と語った。
     実際、海コン輸送を専門とし、その後、鋼材輸送を開始した運送会社でも、「海コン輸送で30万円を超える給与は現状の売り上げでは厳しい。しかし、鋼材輸送では景気が低迷していても、近距離・中距離運行を行えば150万円程度の売り上げが確保でき、高速料金、償却費などを差し引いても、最低30万円以上はドライバーに給与として与えられる。海コン専門で給与30万円以上は困難では」と話す。
     海コン輸送でも元請けに近い業者では、売り上げが1台当たり100万円を超えるため、ドライバーが満足する給与は支払われているようだが、孫請け、ひ孫請けになれば、100万円に満たないため、30万円を超える給与は困難のようだ。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら