Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省 トレーラ火災注意呼びかけ

    2011年12月22日

     
     
     

     国交省自動車局は11月30日付で、「冬季におけるトレーラのブレーキ引きずりによる火災発生」に注意を呼びかける文書を、全ト協など関係団体に発出した。
     今年1月、トレーラの火災情報が4件寄せられ、調査・分析した結果、リレー・エマージェンシー・バルブ内に水分があると気温の下がる冬季に水分が凍結し、バルブ内のピストンが固着することによりブレーキが作動し続け、引きずりが発生して火災に至ることが判明したという。


     自動車局では冬季のトレーラ火災の未然防止のため、「法律に定められた点検整備の確実な実施」のほか、特に(1)エア・タンク内の水分の有無の点検および除去(2)エア・ドライヤの点検整備(3)リレー・エマージェンシー・バルブ内の水分の有無および除去――などの徹底を呼びかけている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら