Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SGホールディングス 2011年のトピックス

    2012年1月17日

     
     
     

     SGホールディングスは12月、グループの「2011トピックス」発表した。
     1月、佐川引越センターが自社研修センターを新設。2月にはSGモータースが両備ホールディングスと業務提携契約を締結し、佐川グローバルロジスティクスが韓国の総合物流企業「韓進」と提携した。


     3月、東日本大震災が発生。他社に先駆けて、東北5県で「営業店止めサービス」を再開した。4月にSGモータースが冷蔵・冷凍・ドライの「3温度帯管理機能搭載車両」を開発。震災復興支援として、石巻市の被災者100人の現地採用と、グループ会社で約2500人の募集を開始した。
     佐川急便が5月に「JR博多シティ」の館内物流を受託。また、航空便により特定信書の全国翌日配達を実現した。
     6〜8月は、SGモータースが気仙沼市に軽トラック5台を寄贈し、久留米マルキュー整備と業務提携を結んだ。SGリアルティが東京都品川区と埼玉県久喜市に、佐川急便が九州支社福岡店にそれぞれ大型物流施設を新設。中国で合弁会社の営業開始や、ベトナムで3PL事業を展開した。
     9月、佐川急便が京都観光PRキャラバンを実施し、銀座に私設私書箱「飛脚マイボックス」を設置。10月は、業界向けクラウドサービス「Biz-BLUE」(荷物追跡システム)の提供を開始。タッチパネル式送り状システム「e飛伝タッチ」を開発した。
     11月に中国・広州で宅配便事業をスタートし、12月は日本フットボールリーグ(JFL)所属のSAGAWA SHIGA FCが2年ぶりに3度目の優勝を飾った。
    ◎関連リンク→ SGホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら