Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    平均賃金が2年ぶりに減少 全ト協まとめ

    2012年1月31日

     
     
     

     全ト協(星野良三会長)は17日、平成24年版「トラック運送事業の賃金実態」をまとめ、冊子を発表した。


     これは23年度の賃金、労働条件などについての調査結果で、5〜7月に支給された給与の1か月平均額。調査対象は特別積み合わせ事業者181社と、一般貨物事業者2341社の計2522社。有効回答数は特積み86社、一般貨物1195社の計1281社。
     従業員総数は11万7947人で、トラック運送事業全従業員数の約10%に相当。従業員の構成では、ドライバー比重は特積みが65.2%(前年66.3%)、一般65.6%(同65.8%)で微減。ドライバーのうち女性は特積み101人(同131人)、一般576人(同675人)の計677人(806人)だった。
     年齢では、男性大型運転者の場合、40歳以上が特積みで75.1%(同74.1%)、一般が71.7%(同69.9%)。男性普通運転者の特積みは30〜39歳の年齢構成比が最も高くなっている。
     全職種1か月の平均賃金(賞与除く)では特積みが31万2500円(前年比2.3%減)、一般が30万9900円(同0.1%減)、全体では31万900円(同1.1%減)となった。年間支給賞与の1か月平均額を加えても、特積みが35万1600円(同3.9%減)、一般が34万7500円(増減なし)で全体でも34万9000円(同1.7%減)となり、賞与を加えた月額の一般以外、すべてが2年ぶりに前年を下回った。
    ◎関連リンク→ 社団法人全日本トラック協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら