Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    行政書士高橋幸也氏 運管試験問題集とテキストを発売

    2012年7月13日

     
     
     

     行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所(千葉県野田市)では、運行管理者試験の問題集とテキストを販売している。「資格取得をめざす学習者の目線にとことん沿った内容」と自信を示す高橋氏に話を聞いた。
     「運行管理者問題集」は、直近10回分(5年分)の過去問題と、本番と同じ30問の模擬試験問題で構成。高橋氏は、「出題範囲はほぼ網羅している」とし、「内容はどこにも負けない」と胸を張る。
     さらに、解説の作り込みにも注力。「なぜその答になるのか、この選択肢はどこが誤りなのかを確実に理解することが重要」なため、「詳細な解説と根拠となる法令条文を掲載している」という。


    0713u1.jpg
     価格は1冊1800円。書店では販売せず、通信販売のみ。「書店流通に乗せると価格を上げざるをえず、他の書籍との差別化ができなくなる」ためだ。
     「運行管理者テキスト(貨物)」は、条文ごとに3段階のランク分けを実施し、重要度により星マークが付けられている。また、よく出る「ひっかけポイント」は文字を太くしており、「ここが変えて出されるよ、というのが一目で分かる」という。「勉強する時間がなかなか取れない人向けに、分かりやすく編集している」とし、「1から読んでほしいが、時間がない人は星3つと太字の部分を重点的に勉強されれば、短時間で合格への道が開ける」と説明する。
     「きっちり勉強したい人、暗記で乗り切りたい人、どちらにも対応できる内容」という同テキスト。モノクロ印刷にもこだわりがあり、「カラフルな色使いの市販のテキストは、眺めているだけで『理解した』気になってしまう。本番をイメージしたモノクロのテキストで、しっかりと頭に入れてほしい」という配慮が込められている。
     テキストも問題集と同様に1冊1800円。問題集とテキストを同時に購入すると、セット価格の3200円となる。「テキストをきちんと読んで、過去問と模擬問題をやれば、99.9%合格できるはず」。
     8月からは、「運管試験直前対策講座」も開く。2日間の集中講義カリキュラムを組んだ「土日講習コース(受講料1万6000円)」と、「模擬試験コース(受講料3000円)」を設定している。
     20代の頃に、7年ほど物流倉庫で働いていた経験を持つ同氏。当時勤めていた会社で運行管理者資格の取得を促されたのが、そもそもの始まりだという。「勉強癖が付き、他の資格も取ってみようと思った」ことから、行政書士の資格も取得し、現在の道に転じた。今後は、運送会社の許認可取得支援に力を入れていきたいという展望もあるという。
     講座の詳細やテキスト・問題集の購入はHPから、URLは、http://www.unkan-net.com/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら