Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    苫小牧国際コンテナT 供用開始式典を開く

    2012年11月2日

     
     
     

     北海道の外貨コンテナの約8割を扱う苫小牧東港区の国際コンテナターミナルの整備事業がほぼ完了したことを受け、9月27日に現地で供用開始記念式典が開催された。01年度から整備が始まり、05年から暫定供用が行われていた。総事業費は約460億円。


    102503.jpg
     長さ330m・水深14mの岸壁と、長さ240m・水深12mの岸壁が2バース整備され、ガントリークレーンは8月から3基目が供用開始された。これにより同時に3隻の貨物船が接岸し、コンテナの積み下ろしを行うことが可能になった。
     昨年の同港の国際コンテナの取扱量は約21万4000TEU。今後は内航フィーダーコンテナの受け入れを西港区から移転させ、将来的に30万TEUの受け入れを目指す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら