Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    甲西陸運 クリーン事業へ進出で記者会見

    2012年12月20日

     
     
     

     甲西陸運(甲斐切稔社長、滋賀県湖南市)は11月12日、滋賀県庁で湖南市の谷畑英吾市長と「クリーンエネルギー事業に進出」したとして記者会見を開いた。
     甲斐切社長は「来年の50周年に合わせてクリーン事業への取り組みをしようと準備してきた。エネルギーの地産地消をめざし、物流倉庫の屋根を活用したメガソーラー発電、廃油を原料としたバイオ燃料の精製事業に取り組む」と説明。谷畑市長は「自然エネルギーを地域固有の財産として、地域の活動に直結させていきたい」と語った。同社はメガソーラー発電事業の一環として、太陽光の発電建設計画を進める同市の「コナン市民共同発電所プロジェクト」とも連携する。


    121504.jpg
     バイオディーゼル燃料事業では、カルビー湖南工場の生産ラインから発生した廃油を原料とし、当面は月6000Lの廃油から4000Lのバイオディーゼル燃料を精製する計画。
    ◎関連リンク→ 甲西陸運株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら