Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ダイセーエブリー二十四 「中京スーパーハブセンター」竣工

    2013年3月28日

     
     
     

     ダイセーエブリー二十四(田中孝昌社長、愛知県一宮市)は12日、一宮市に建設を進めていた冷凍冷蔵物流センター「中京スーパーハブセンター」が竣工した。総投資額は約20億円で、同社として最大規模の施設となる。
     新施設は本社と名古屋スーパーハブセンターに隣接する場所に立地。敷地面積は1万665平方m、鉄骨造り3階建てで、冷凍冷蔵庫部分の延べ床面積は9990平方m。これまで名古屋スーパーハブセンターと一宮ハブセンターに保管していた貨物を新センターに集約することで業務効率のアップを図るほか、本社機能も新施設の事務所棟に移す。これに伴い、一宮ハブセンターを廃止、旧名古屋スーパーハブセンターには新たな顧客の貨物を取り込む。


    032104.jpg
     垂直搬送機2基とドックシェルター22基を完備。屋上には発電量734キロワットの太陽光発電パネルを設置した。また、容量30kLのインタンクと大型車用洗車機1基、コンテナ洗浄機1基を設置。3月下旬に本格稼働させる。
     竣工式で田中社長は、「従来センターよりも機能を大幅に向上させる以外に、より災害リスクに強い物流を構築する必要があった」と説明。
     さらに「9月には当社がダイセー陸運から独立して30周年を迎える。新センターを中核センターと位置付け、次の50周年に向けて飛躍したい」と力を込めた。
    ◎関連リンク→ ダイセーエブリー二十四株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら