Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国道43号 特殊車両の違法通行、「厳格な適用」で合意

    2013年3月28日

     
     
     

     兵庫県尼崎市域を通る国道43号の沿道環境改善を話し合う住民と行政の会合が11日、同市内で開かれ、車両総重量や軸重の違反など特殊車両による違法通行に対して厳格な法の適用をしていくことで両者が合意した。特殊車両への取り締まり体制が今月から変更されたことを受けたもの。


    032102.jpg
     43号では沿道住民から、より距離のある中央寄り車線を通行するよう大型車両に求める「43号ルール」が創設され、周辺の事業者にも周知が進んでいると報告。住民側は、特殊車両が走行中であっても道路上で車両総重量などを自動計測できる装置と、その運用方法が変更されていることを知らされ、新制度の実効性や43号上での制度適用の厳格化について国側の姿勢を問うた。
     整備局の担当者は、「新制度で現状よりはよくなる。43号は(違反者に対する)呼び出し基準を厳格にしていく」などと回答し、新制度での運用を厳格化する方針に言及した。
     公害患者会の松光子会長は、「法を厳格に運用するから、その逃げ道として阪神高速湾岸線を今以上に安くすることが必要」と述べ、会議に出席した阪神高速の担当者も「検討する」と述べた。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら