Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    中部運輸局重点監査 40社に違反見つかる

    2013年4月26日

     
     
     

     中部運輸局は3月26日、1月に行った重点監査月間で47事業者に立ち入り監査を行い、そのうち40社(85%)に違反が見つかったことを明らかにした。違反率は、2008年からの実施以降、3年連続減少していたが、初めて増加に転じた。違反事業者に対しては今後、弁明の機会などを経て、車両停止などの行政処分が行われる。
     運行管理に関する違反で最も多かったのが「乗務時間」で30件。「点呼関係」の21件、「運転者への指導監督」の15件が続いた。乗務時間の違反率75.0%(前年55.6%)で、これまでで最も高かった。


     監査の糸口となったのは、適正化実施機関からの調査報告が8件、労働局が20件、公安委員会が6件、事故報告が9件、内部告発などによる通報が4件。所在地別で見ると愛知県21件、静岡県8件、岐阜県7件、三重県が6件と福井県が5件だった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら