Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「毎日がコンペ状態」比較サイトから撤退

    2013年6月4日

     
     
     

     大阪府の引越会社がこのほど、インターネットの比較サイトから抜けたという。同サイトは10社程度の引越会社からの相見積もりが可能で、同社は「引越会社を価格が安いか高いかで選ぶケースが圧倒的に多くなってきた」と話す。
     引っ越しの集客方法はこの10年で激変した。以前は電話帳広告が主流で、掲載期間は長いが掲載料金は高く、大きな費用負担になっていた。電話帳に載せない事業者は不動産業者との連携に力を入れた。大手のアンダーで引越業務を担うところもあるが、いずれにしろ引っ越しは資本や信用がないとできなかったが、それを崩したのがネットだ。


     比較サイトは大小問わず、引越会社が同じ土俵に上がれる格好の場でもある。問い合わせや成約1件につき引越会社が情報提供料を運営会社に支払う仕組みが多いようだが、比較サイトから抜けた同社は、「ネームバリューで勝る大手も低価格で勝負し、価格は低く、毎日コンペ状態。見積もりがあれば、いち早くお客さんに電話して応対する必要があり、事務負担も大きい」と撤退した理由を話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら