Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    時代は2トンオートマ サクラ運輸の若手ドライバー対策 

    2013年9月17日

     
     
     

     現行の普通免許で乗れるトラックをそろえ、若年ドライバーの確保に備える事業者が増えている。2トン車、4トン車がメーンのサクラ運輸(松岡哲夫社長、東京都江戸川区)では、総重量5トン未満となる2トン車を4台そろえている。現行の普通免許でも乗れるように対策を講じたものだが、さらに同社のトラックはすべてオートマ仕様だ。
     「今、免許を取得する人はほとんどがオートマで、マニュアル取得者は少ない」と話す松岡社長。「せっかく普通免許で乗れるトラックを導入しても、マニュアル車を導入していては運転できない」と指摘する。


    081517.jpg
    ◎関連リンク→ サクラ運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら