Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省 横浜港でコンテナ搬出入予約の実証実験開始

    2014年2月28日

     
     
     

     国交省は国際コンテナ戦略港湾のコンテナターミナル周辺の渋滞緩和対策として、横浜港で、「コンテナ搬出入予約制」の導入に向けた実証実験を行う。期間は2月19日から3月18日までの1か月間で、横浜港の全11ターミナルで行う。
     国交省では、ITを活用した効率的なコンテナ搬出入の実現を目指し、「コンテナ搬出入予約制」の導入を検討、昨年7月には2か所のターミナルで実証実験を行うなど必要な基礎データを収集してきた。


     予約制を導入することでコンテナ搬出入の繁閑の平準化を図り、恒常的に発生する渋滞を緩和するとともに、荷役作業やゲートレーンの運用の効率化が図れるとしている。
     今回の実証実験について、海貨業者や陸運事業者がシステムを習熟し、予約制導入に向けた環境づくりを進めるとともに、実用性を確認するとしている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら