Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JMA 入社1年後の心境を調査

    2014年6月10日

     
     
     

     日本能率協会(JMA、山口範雄会長)は「入社1年後の揺れる心の内」として、2013年4月入社の新入社員314人を対象に、1年後の心境の変化を調査(回答数77人、内1人は転職。男性66.2%、女性33.8%)。JMAでは初の試みとなる追跡調査。
     「現在の会社の満足度」では、入社時に88.4%が「満足」としていたが、1年後には52.6%に減少。特に「大変満足」は48.1%から11.8%に激減。同時に「不満」は2.6%から21.1%に増加している。これは、期待と現実の相違点でも表れており、会社に対して「期待外れ」との返答が26.0%と4分の1強が失望の様子を示している。
     期待外れの理由では「労働時間・休暇」「事業内容」「職場の雰囲気」が共に20%で並び、「自分の仕事」で15%となっている一方、「期待以上+期待通り」は「自分の仕事」で24.6%、「職場の雰囲気」も29.8%と3割の評価は良い状況。


     「上司や先輩への期待」については、「チャレンジする機会や場をあたえてくれる」ことを54.5%が期待していたが、1年後には42.9%に減少。逆に「困った時は助けてくれる」ことを期待する気持ちは24.7%から35.1%に増えている。これを「会社への満足度」と照らし合わせると「チャレンジする機会」は52.5%が「満足」し、「不満」に思うのは25.0%。「助けてくれる」ことには27.5%が「満足」するも「不満」は56.3%と高い。
     チャレンジする機会を与えられ、褒めて欲しいが上司・先輩への依存心が高く、助けを望む。コストをかけて採用しても、わずか1年で転職に心揺れる新入社員の実態が浮かび上がる。人材の定着には職場対応の様々な工夫が求められている。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本能率協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら