Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大宝運輸 物流フェス開催「磨くぞ、プロの切れ味を!」

    2014年7月24日

     
     
     

     大宝運輸(小笠原忍社長、名古屋市中区)は6月15日、第19回物流フェスティバルを開催。小笠原社長は「お客様との話の中で、物流業界はトラックの追突事故や、リフトによる事故がまだまだ多いと認識している。プロとアマチュアの違いは、プロは当たり前のことを当たり前にやり、偶然ではなく必然的にできることだと考えている。事故というのは様々な要因で発生するが、その状況を作らないのがプロだと言える。本日は目いっぱい学び、明日からの業務に生かしてほしい」と開会のあいさつを述べた。
     今回は、「身につけよう正しい知識と確かな技術。磨くぞ、プロの切れ味を!」をテーマに掲げ実施。日常業務と安全活動の質的向上、協力体制作りや環境整備につなげ、「事故を限りなくゼロに近づける」という年間目標を達成する狙いがある。


    062602.jpg
     五つのコースに分かれ(1)トラック運転(2)トラック点検(3)リフト講習(4)安全講習(健康管理面から見た事故防止策)(5)マナーアップ講習──などが行われた。教育部課長の門田真理子氏は「トラックの点検一つを見ても、ドライバーのレベルは様々。このような取り組みで、一定の水準にもっていきたい。先輩と後輩の関係の中で、『聞く文化』『教える文化』が構築され、業務が円滑に進めていければ」と話した。
     最後に参加者全員でスローガンを唱和し、一致団結を誓った。
    ◎関連リンク→ 大宝運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら