Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    伊藤園 茶殻入りパレット開発、リサイクルでエコ

    2014年9月10日

     
     
     

     伊藤園(東京都渋谷区)は5日、ウッドプラスチックテクノロジー(同文京区)、日本パレットプール(大阪市)と共同で、「お~いお茶」の茶殻を活用した「茶殻入りパレット」を開発したと発表。「エコT─パレット」というブランド名で、「お~いお茶」などの原材料を飲料工場へ運搬する際のパレットなどに順次使用していく。
     「お~いお茶」を製造した後の茶殻を、プラスチックと木質繊維を複合化したハイブリッド材料「ウッドプラスチック」に配合することで、「茶殻のリサイクル」「天然素材である木質の利用」「プラスチックの使用量削減」を実現した、環境に優しいパレット。1枚あたり「お~いお茶」525mlペットボトル約100本分の茶殻を配合することで、約994gCO2の茶樹由来の炭素分(二酸化炭素換算)が固定されている。また、曲げ強度が強く、温度による変形(寸法変化)が少ないため、長期間繰り返し使用する用途に適している。


    ◎関連リンク→ 株式会社伊藤園

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら