Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    LEVO 補助金の条件を緩和

    2014年10月8日

     
     
     

     環境優良車普及機構(岩村敬会長、東京都新宿区)は1日から「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」の中小トラック運送業者における低炭素化推進事業で申請要件の緩和を実施した。
     緩和のポイントは、環境対応車の導入台数「1事業者あたり2台まで」の制限が撤廃され「導入台数は無制限」となった。これにより、9月30日までに申請実績のある事業者も追加導入が可能となった。
     環境対応車の導入区分についても、これまでは導入と廃車は同等に限っていたが、大型車廃車の場合、導入車両は大・中・小型車のいずれか、中型車廃車の場合は導入車両は中・小型車のどちらか、小型車の廃車では小型車の導入のみ可能となった。


     7月1日から申請受付を開始している同制度だが、9月末日現在での申請台数は569台、補助金申請額は5億360万円で残額は22億9640万円と発表された。詳細はLEVOのHP参照。
    ◎関連リンク→ 一般財団法人環境優良車普及機構

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら