Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コンプラ徹底による影響 健全経営めざすが・・・

    2014年12月11日

     
     
     

     「拘束時間にしても、あと1時間も走れば会社に着くという距離でも、16時間をきっちり守るために途中で睡眠しなければならない。あと1時間走って早く帰った方がドライバーも楽なのに…」と語るのは愛知県の運送事業者。
     労働者や地域の安全を守るためのコンプライアンスの徹底だが、「一律に決められた法律をただ当てはめるだけでは、やっていくのが難しいという運送業界の現状がある」と話す。
     また、「ドライバーによっては長く働いて、たくさん稼ぎたいという人も多いが、それによって事故が起きているというのも事実。その点はきっちりしなければならない。ただ、現状の運賃でドライバーに十分な給与を与えられているのかというと、苦しい事業者も多いのでは。物流を担うという社会的な役割も大きく、危険も伴うドライバーが、どうやったらもっと好条件で働けるのか。そこを考える必要がある」という。


     「行政にはコンプライアンスの問題だけではなく、運送業界全体が健全な経営を行えるように動いて欲しい」と同事業者は話した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら