Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    清水運輸 県民球団とコラボ、ベアーズステーション羽生SS

    2015年4月16日

     
     
     

     清水運輸グループ(清水英次社長、埼玉県志木市)のエスユーロジは3月15日、「ベアーズステーション羽生SS」がグランドオープンするのに伴い、オープニングパーティーを開催。多くの関係者や来賓が出席した。
     エスユーロジが運営する同SSは、これまで同社独自の給油施設として運営してきたが今回、県民球団である「武蔵ヒートベアーズ」とコラボし、店名を一新してグランドオープンを迎えた。
     武蔵ヒートベアーズは、熊谷市を本拠に昨年7月に発足した球団で、現在8チームが加盟するプロ野球独立リーグのBCリーグに所属。パーティーには、球団代表の髙橋義人氏も出席し、オープンを祝った。清水社長はベアーズとコラボした理由について、「地域密着を基本に取り組んでいるところが同じ考えだった。髙橋代表に提案したら快諾をいただけた」と話している。


    040224.jpg
     羽生SSは、給油台数10台(大型接車給油6台、小型接車給油2台、灯油2台)で、給油はフルサービスで提供する。また、大型・小型洗車機やマットクリーン機、車内清掃機も備えている。
     パーティーでは、ゆるキャラとの記念撮影やバンド演奏、歌謡ショーなども行われ、新しく生まれ変わったSSの門出を祝うとともに、会場を盛り上げた。
    ◎関連リンク→ 清水運輸グループ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら