Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    住友倉庫 大阪・南港で新倉庫が稼働

    2015年4月19日

     
     
     

     住友倉庫は4月13日、大阪市住之江区に建設していた倉庫が竣工、稼働したと発表。
     同倉庫は敷地面積約1万2000平方m、鉄筋コンクリート造り5階建てで、延べ床面積は約3万平方m。咲洲(南港地区)に位置し、阪神高速湾岸線南港北インターに至近。免震構造を採用し、非常用電源を設置するなど災害に強い倉庫仕様。また、建築環境総合性能評価システム(CASBEE)Aランクを取得したほか、 全館LED照明を採用するなど環境負荷の低減を図っている。現在、複数の拠点で取り扱っている電子部品を同倉庫に集約することで、物流効率化及びCO2削減を図る予定であることから、物流総合効率化法に定める「総合効率化計画」の認定を受けた。


    042801.jpg
     同社グループは、平成28年度を最終年度とする5か年中期経営計画に基づき、国内物流拠点の整備・拡充を進めている。
    ◎関連リンク→ 株式会社住友倉庫

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら