Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ワークマン 床面積1万坪の物流拠点を新設

    2015年4月25日

     
     
     

     ワーキングウェアとワーキング用品販売の小売りフランチャイズチェーンを展開するワークマン(群馬県伊勢崎市)は4月16日、同市に床面積1万坪の流通センターを新設するため、群馬県と用地の売買予約契約に調印したと発表。 新センターは同県企業局が造成分譲する伊勢崎宮郷工業団地内に建設し、完成は17年2月の予定。同団地は関越自動車道の高崎・玉村インターまで6㌔㍍、北関東自動車道の駒形インターまで4km。
     同社では13年に滋賀県で竜王流通センター(床面積7180坪)を稼働させ、西日本の店舗に配送しているが、今後も効率性の観点から、伊勢崎と竜王の2拠点で全国をカバーしていく予定。新伊勢崎センターの土地取得と建設・設備費を含む総投資額は38億円を見込む。


    052502.jpg
    ◎関連リンク→ 株式会社ワークマン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら