Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    横浜低温ロジ共栄会 「互いに発展を目指す」

    2015年7月16日

     
     
     

     横浜低温ロジスティック共栄会(伊澤進会長)は7月9日、第1回研修会を開催。横浜低温流通(神奈川県厚木市)の協力会社など、全国から会員が参加した。
     第1部は「経営環境の変化と現状の課題」と題し、伊澤会長が昭和50年から現在に至る事業の変遷と経営環境の変化を解説した。同社では、従来は男性中心であったコールセンターやカスタマーセンターの業務をすべて女性スタッフにし、女性総合職を育成する取り組みや、運転免許やフォークリフト免許、運行管理者などの資格取得支援、センター集配車両の中型化による輸送の効率化、運送契約の書面化などを推進。「取引先から信頼される事業に成長させていくため、今後も各分野で取り組みを続けていく」と述べた。


    080308.jpg
     今後の共栄会の活動については、「研鑽の場として、会員の皆様が対等な立場で仕事に取り組み、互いに発展していけるようにしていきたい」と語った。
     第2部は「運送契約の書面化推進について」をテーマに、神奈川運輸支局の三上弘良主席運輸企画専門官が講演。研修会終了後には懇親会が催され、参加した会員は情報交換するなどして交流を深めた。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら