Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アルフレッサHD 大阪物流センターを竣工

    2015年9月3日

     
     
     

     アルフレッサホールディングスは8月18日、大阪物流センター(大阪市北区)を竣工したと発表。
     敷地面積約2万5000平方m、鉄骨造り4階建てで延べ床面積は約4万5000平方m。設備投資額は約212億円で、大阪、兵庫、奈良、和歌山をカバーし、出荷能力は月500億円。
     同社グループは中期経営計画で、医療用医薬品卸売事業における重点方針として物流機能の高度化を掲げており、顧客ニーズとローコストオペレーションをバランスよく満たす物流拠点の構築を推進している。大阪物流センターは、多くの医療機関が集まる大阪の中心部に位置し、3万アイテムを超える豊富な在庫を持つ大規模なセンターで、中核的な物流拠点として地域医療に貢献するとしている。


     9月24日からの稼働を予定。
    ◎関連リンク→ アルフレッサホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら