Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    三井倉庫HD ips細胞の輸送サービスを実施

    2015年9月6日

     
     
     

     三井倉庫ホールディングスは8月10日、再生医療用iPS細胞の輸送サービスを実施したと発表。
     京都大学iPS細胞研究所(京都市左京区)から依頼を受け、再生医療に使用可能なiPS細胞の輸送を可能にする専用容器を開発し、同6日に同容器を使用して輸送を実施した。
     同社は、これまでの治験薬物流で蓄積した輸送ノウハウを生かし、液体窒素を充填し、マイナス180度以下の状態で振動を抑える工夫が施された「再生医療用iPS細胞ストック」専用の輸送容器「MEDi STAR」を開発。さらに輸送の過程においては、容器内の温度管理や輸送手順の順守などの諸条件を クリアすることで、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に適合した輸送サービスの提供を実現した。


    090814.jpg
     同社は、「応用・臨床分野で求められる様々な輸送品質にも対応していくことで、医療の発展に物流から貢献していきたい」としている。
    ◎関連リンク→ 三井倉庫ホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら