Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運輸業が実労働時間最長 厚労省「労働経済の分析」

    2015年10月20日

     
     
     

     厚生労働省は10月8日、「平成27年版労働経済の分析」を発表。平成26年の「毎月勤労統計調査」において、月間総実労働時間が最も長い産業として運輸・郵便業を挙げた。運輸業・ 郵便業が188.2時間、次いで宿泊業・飲食サービス業(181.2時間)、建設業(177.2時間)となった。所定内労働時間では4番目となったものの、残業や休日出勤を指す所定外労働時間は最長(29.1時間)となった。
     また、正規職員・従業員に占める1週間の就業時間が60時間以上である割合は、最も高い割合の宿泊業・飲食サービス業(32.1%)に次いで、運輸業・郵便業は28・3%。職業別にみると、輸送・ 機械運転従事者(30.5%)が最長で、極めて高い割合となった。


    ◎関連リンク→ 厚生労働省

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •