Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    NSU物流サービス 都甲社長 配当金の臨時ボーナス、従業員を株主に

    2015年12月17日

     
     
     

     「ドライバーを株主にすることで定着率の向上をめざすことができる」と話すのは、NSU物流サービス(大分県宇佐市)の都甲朝博社長。「株を持たせることで、コスト面なども意識するようになる。事故の件数も減り、いい循環を生む」と指摘する。
     自社株を従業員に持たせるには規制が多く、新たに「社員持ち株会」を設立し、11月に登記を終えた。オーナー株の10%(5000万円)を持ち株会に提供し、「年10%の配当を考えている」という。110人いる従業員のうち、5割が自主的に参加した。「参加しやすいように、臨時ボーナスを出した後に『このボーナスで参加したい人は参加して欲しい』と呼びかけた」。
     「オーナーだけがいい暮らしをしている運送会社は少なくない。当社では年2回のボーナスと臨時ボーナスを出し、年4回のミーティングを行うことで経営内容をガラス張りにしている」という。「離職するドライバーは少なかったが、20年を超えるドライバーも出てきており、定年対策としても考えた」と話す。


    121715.jpg
     「知り合いの大手メーカーでやっているところがあり、アドバイスをもらいながら進めてきた」という同社長。「来年6月の決算を終えれば、理解してくれる従業員も増えると考えている。7〜8割の従業員が参加してくれればうれしい」という。
     「メリットはたくさんあるが、唯一のデメリットは倒産した場合」と苦笑する。「あくまでも自主参加。上場も視野に入れているが、従業員が株主であれば引き抜きにあっても辞めないし、定着率は必ず良くなる。定着率がよくなければいい組織はできない」という。
     「いい状態で次の世代にバトンタッチしたい。従業員と共存共栄の会社を目指さなくてはダメ。私の目の黒いうちは、年1割の配当を必ずやっていく」という。
    ◎関連リンク→ 株式会社NSU物流サービス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら