Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    キリングループロジ 中期経営計画「最適なキリン品質を」

    2016年3月8日

     
     
     

     キリングループロジスティクス(加藤元社長、東京都中野区)は1月19日、記者会見を開き、2018年までの3か年中期経営計画を発表した。
     2013年から2015年までの3か年計画として「筋肉質で競争力のある会社への再生」を目的に取り組みを進め、今期の売り上げは前年比103.7%の642億円を計上した。「成長軌道を自ら描く」をスローガンにスタートする2018年までの3か年中期経営計画では、2016年656億円、2017年676億円、2018年695億円の売り上げを目指す。
     また、持続的な成長のため、外販の拡大を視野に展開していく。そのため、加藤社長が重きを置くのが高品質の物流サービスだ。


    020811.jpg
     同社では誤出荷の割合が2014年4.9%、2015年4.6%、遅配の割合は2014年2.7%、2015年1.9%と、業界平均よりも大幅に低い。
     同社の輸送は協力会社が担当しているため、輸送品質の向上には協力会社の協力が欠かせない。そのため、ドライバーへのアンケートを実施し、改善への取り組みを進めている。アンケートでは、「窓口の指示や説明が丁寧で分かりやすい」など評価する声がある一方、「受付から配車されるまでの時間が長い」などの声も出たため、こうした声を改善につなげ、高度なパートナーシップの構築に役立てているという。
     4月からは新規の大規模・広域顧客開拓に特化した専門部署を設置する。これまでの本社、北海道支社、東日本支社、西日本支社、九州支社の5拠点に加え、新たに広域営業支社を設ける。「顧客ニーズの複雑化、多様化、広域化、大規模化が進む中で、複雑多岐にわたるサプライチェーンの全体像を把握し、最適な『キリン品質』の物流サービスをスピード感を持って提供していきたい」としている。
    ◎関連リンク→ キリングループロジスティクス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら