Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    創意工夫で人材不足を解消

    2016年5月19日

     
     
     

     人材不足が続く業界にあって、雇用環境を整備するなど、事業者の創意工夫も出てきた。
     食品輸送を手掛ける井ノ瀬運送(井ノ瀬喜一社長、埼玉県熊谷市)では、退職金制度をはじめ、さくら会という互助会制度や団体定期保険の拡充など、ドライバーの福利厚生面の充実を図っているが、今年1月からは、「子供手当」と「親孝行手当」を新たに設けた。
     子供手当は、扶養する高校生以下の子供1人につき一律で支給され、親孝行手当は、扶養する親1人に付き支給される。会社にとってはコスト増になるが、井ノ瀬社長は「コストよりも、まず、人を求めるならば、求める側に魅力がなければならない」と、福利厚生面の充実は会社の魅力作りの一環であるとし、「一家の大黒柱として働く人たちに、少しでも役に立ってもらえれば」と話している。


    032221.jpg
     一方、千葉県市原市にあるカインズ・ロジ(駒澤信一社長)では、給与体系に選択制を導入することで、ドライバーの働きやすさを追求している。三つの給与体系を設け、ドライバーが自分の働き方によって選択できるようにしている。
     同社の通常勤務は日曜日と祝日が休みで、7割のドライバーがこの勤務体系で働いているという。二つめの働き方は、土日と祝日を休みにしたもので、駒澤社長によると、給料は通常よりも月3万~4万円低くなるが、休みを取れることで若者や高齢者が選択するケースが多く、現在、1割のドライバーがこれを選択しているという。
     そして三つめが、日給月給制だ。つまり、働いた日数と時間に応じて賃金が支払われる仕組みで、ドライバーは日々、会社に縛られず、自分の都合に合わせて休みが取れるというメリットが生じる。日給月給制を選択しているのは現在、2割のドライバーで、若い独身者や未経験者が多いという。
    032222.jpg
     「人手不足、特に若い人材がいない中で、どう雇用するかと考えた時に至ったのが今の選択制だった」と振り返る駒澤社長。「それぞれの働き方でできる仕事を探すという難しさもあった」というが、「取り組んでしまえば何とかなるもので、同制度を導入したことで、若者の採用も徐々に進んでいる」と話す。
    ◎関連リンク→ 株式会社井ノ瀬運送
    ◎関連リンク→ 株式会社カインズ・ロジ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら