Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    関東地方整備局 コンテナ積載効率化実験で「優先バース」設置

    2016年3月15日

     
     
     

     関東地方整備局は3月10日、国際フィーダー船によるコンテナ積み替え効率化に関する社会実験を公開した。実施場所は本牧ふ頭BCコンテナターミナル。
     国際フィーダー船が積み下ろしを行う際、外航船の合間を縫って複数のターミナルへ接岸し、それぞれのターミナルで作業を行っているが、実証実験では、隣接するコンテナターミナル群内に「優先バース」を設置。国際フィーダー船の積み下ろしを優先バースで行うとともに、ターミナル間の陸上輸送を柔軟に行うことで、待機の解消と効率的な輸送体制の構築を試みる。
     今回、公開された実験は隣接ターミナル群内での輸送作業。当日は、横浜はしけ運送事業協組が作業を行った。


     同局では国際フィーダーの効率化を通じ、横浜港の「集荷力」向上を目指すとしている。

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •