Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東ト協連 通常総会を開催、会員へ燃料安定供給

    2016年6月20日

     
     
     

     東ト協連(古屋芳彦会長)は6月14日、通常総会を開催した。古屋会長は冒頭のあいさつで「事業は、ほぼ計画通り遂行された。燃料共同購入事業は丸10年経過し、現在は52単協が参加。カード発行は2万5000枚に上り、月間取扱量は1000万Lと事業開始当初の3倍強となった。価格交渉については全国のプライスリーダーとして注目されている」と説明。また、組合員200社を対象に実施している「運賃動向に関するアンケート調査」を年2回実施し、毎回8割以上の回収率を誇り、「厳しい運賃の収受実態を伝える資料として高く評価されている」と述べた。
     決算は、事業収益7447万円、事業費用2299万円で、賦課金等収入799万円を合わせた事業総利益は5947万円。事業外収益を含めた経常利益は590万円で、税引後純利益は328万円。


    062506.jpg
     今年度は、燃料価格共同交渉をさらに充実・強化し、組合会員事業者の燃料コストの低廉化と安定供給を図る。運賃動向などに関するアンケート調査の継続実施で、適正運賃収受・不公正取引の是正に向けた荷主・行政などへの働きかけや組合員への啓発を行う。また、高速道路料金の引き下げ、各種割引制度の維持・拡充について要望活動を展開する。古屋会長は「関係団体と協力して円滑に事業を推進したい」と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら