Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トラマネ協会 運送塾と会議を開催、健康管理追求し自社守る

    2016年7月20日

     
     
     

     トラック・マネジメント協会(瀬尾国大会長、第一名誠)は6月30日、第5回トラマネ運送塾と第18回トラマネ会議を開催。
     運送塾では、今回も乗務員の健康管理がメーンテーマ。塾生企業は前回の宿題「健康リスク評価表」を提出し、自社の労災認定になりやすい乗務員を把握することで、今後の改善につなげていくよう瀬尾会長や和田康宏理事長(あいち経営コンサルタント)から適切な指導が行われた。
     瀬尾会長は「乗務員の健康管理を追求することは、乗務員を守ると共に自社を守るために必要」と強調した。


    071608.jpg
     会議では会員企業である協和陸運(豊川市)の桝田純通社長が、最新デジタコの運用結果を報告。車両ごとのリアルタイムな情報を活用し、「急のつく運転」などに代表されるドライバー個々の運転癖を個人面談で指導するなど、安全運行に生かしている。
     ヤマコン(小牧市)の山田享社長は、全従業員の労働時間・時間外労働についての改善・取り組みを発表。 当日はデンソー(刈谷市)の関係者が訪問。同協会の取り組みを見学した。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人トラック・マネジメント協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら