Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省 バス業者に罰則強化、罰金「1億円以下」に

    2016年10月7日

     
     
     

     国交省は9月6日、1月に発生した長野県軽井沢町のスキーバス事故を受けて、バス業者に対して、道路運送法の罰則を強化する方針を決めた。安全確保を怠った業者への罰金を現行の100万円以下から「1億円以下」とし、経営者や運行管理者への罰則も100万円以下の罰金から「懲役1年以下、罰金150万円以下」としている。
     また、貸し切りバスの事業許可に更新制を導入。原則5年で、優良業者は7年となる。同省では今月の臨時国会に提出、年内の一部実施を目指す。これら罰則強化がトラック運送事業にどう影響されるか、今後も注視していく必要がある。


    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら