Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    河村商事 新明和工業と協力し装置開発

    2017年1月25日

     
     
     

     河村商事(河村篤前社長、愛知県春日井市)は来年度で創立80周年を迎える老舗企業。同社は定期的に社内で労働安全会議を開催しており、業務中の安全性確保やサービス向上の改良案が現場から提案されるという。
     こうした意見を基に、平ボディー車を含めた全車両のバックモニターや広角仕様ミラーの採用に踏み切るなど、可能な限り現場の意見を採用し、従業員全てが求める安全な労働環境を実現しようと努力している。時には、特別な車両をつくることにもつながった。
     同社の、より安全で高品質なサービスを提供するための活動に協力しているのは新明和工業(大西良弘社長、兵庫県)。河村商事からの提案を基に、新明和工業は新たな車両オプションを開発した。


    122317.jpg
     一例として、ペットボトルを使用した「オイル吹きこぼれの防止装置」がある。「現場を汚したくない」というドライバーからの要望を基に作られた装置で、エコにも、サービス向上にも役立てることができる。新明和工業の担当者も「ここまでの装置を付けているのはほかにない」とコメントしている。
     安全確保のためにもパッカー車のリモコン式緊急停止スイッチ、ホッパーが閉じる際の注意喚起アナウンス装置などをオーダーし、装備している。どちらも荷役作業時の労働災害防止を主眼としたもので、装置は現場の声のほか、全国の事故事例を参考にし、同じケースの事故が発生しないよう特別にオーダーしたものだという。
     河村社長は「機密書類の処理事業で、お客様に信頼していただくためにも、安全で確実な業務を行う必要がある。また、会社には従業員の安全を守る責務がある。社会からのニーズに応えるためにも安全を極めていきたい」と話した。
    ◎関連リンク→ 河村商事株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら