Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    気象庁 気象データ活用の組織設立へ

    2017年1月30日

     
     
     

     気象庁は、産業界と気象サービスのマッチングや気象データの高度利用を進める上での課題解決を行う「気象ビジネスコンソーシアム(仮称)」を年度内に立ち上げる。
     構成員は気象事業者のほか、情報通信、農業、小売り、金融、電力などの産業界や、IoT、AIなどの先端技術に知見のある学識経験者などで、2月1日から一般会員の公募を開始する。コンソーシアムではIoT、AIなどの先進技術を活用した先進的なビジネスモデルの創出や、気象衛星・レーダーなどの技術的進歩に対応した新しい気象情報の利活用を進めるとともに、継続的な情報改善や人材育成などの環境整備を行うとしている。


     気象予測を活用した物流オペレーションの最適化については、「平成27年度次世代物流システム構築事業」の一環として、経産省が日本気象協会と協力して、食品ロスの削減と省エネ物流の実証実験を行っている。製販配が連携して需要予測を共有、販売計画を共同作成することで、面的な需要予測を可能とし、物流の最適化を実現。商品輸送で発生するCO2が半減した。「気象ビジネス市場の創出」は、平成28年11月25日に開催された国土交通省生産性革命本部の第4回会合で、新たな生産性革命プロジェクトとして選定されている。
    ◎関連リンク→ 気象庁

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •