Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ガード引越センター 従業員教育に注力

    2017年4月20日

     
     
     

     中小企業で構成された引越事業連盟協会を設立し、新たなビジネスモデル賃貸ポータルサイト「借り住マ.com」を展開するガード引越センター(山田芳和社長、大阪府摂津市)。同社は、大手リサイクル事業者と提携して中古家電などを買い取り、引っ越し価格を抑えるサービスなどを展開している。
     2015年版のインターネット「家族引越しランキング」の満足度では全国3位となった。同社の山田優弥専務は、「我々中小企業が大手に立ち向かうには、きめ細やかなサービスを展開することが大事」とし、低価格だけでは顧客は満足してくれないと考え、日々品質向上をめざし、従業員の教育に注力している。
     引っ越しは時間との勝負だが、作業で家具などに傷がつくとクレームの原因になるため、「チームで団結し、社員一人ひとりが丁寧に、細心の注意を払って頑張ってくれている」と山田専務。


    030210.jpg
     また、ノークレーム・無遅刻の社員には毎月、役職別に1万〜3万円の報奨金を払う仕組みを導入。山田専務は「仕事に対してしっかりと評価することで、社員のモチベーションも上がる。会社と社員、顧客の全員が満足できる環境になってきていると感じている」と説明する。
     同社は今後も、顧客満足度をさらに上げていけるように、様々な工夫や取り組みで会社を成長させていくようだ。 
    ◎関連リンク→ ガード引越センター

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら