Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    丸善海陸運輸 古賀大輔社長「バランス取れた、体力ある会社へ」

    2017年8月9日

     
     
     

     丸善海陸運輸(福岡県久留米市)の古賀大輔社長は、五つ上の兄の影響で小学生からゴルフを始めると、すぐに夢中になった。中学時代は練習場で毎日500球のボールを打っていたといい、その頃には、すでにプロゴルファーを目指していた。
     高校、大学でゴルフ部に所属し、日夜練習に明け暮れた。高校時代は九州大会で個人戦3位という成績を収め、初の全国大会への切符を手にしたこともあった。しかし、入学した大学では納得できる成績を残せなかった。
     ちょうどその頃、父親である丸善グループの大代表から、「プロゴルファーもいいけど、運送会社もいいぞ」と、同社への入社を打診されていた。


    060819.jpg
     同社長自身、どこかで見切りをつけなければいけなかった。結局、プロテストを受けず、大学を卒業すると久留米に戻り、父親の会社に入社する。「大学まで何不自由なくゴルフをやらせてもらい、親には本当に感謝していたので、今度は会社に入って恩返しをしたかった」と振り返る。
     丸善グループには現在、35社を超える会社がある。そして、それぞれの会社の総務など管理機能を担っているのが丸善グループ協同組合だ。同社長はまず、協同組合の総務部へ配属され、総務全般を学んだ。
     1年半を経て、今度はグループ会社の1社、大牟田丸善運輸に入り、配車を中心に担当し、忙しい時には自らトラックにも乗った。「現場のことを何も知らないで入ってきて、ドライバーたちには当初、『代表の息子が来た』くらいにしか思われず、信用されなかった」と振り返り、「とにかく、代表の息子だからと言われない仕事を心がけた」。配車をする際には、運行指示書に詳しい地図を張り付け、納品場所をわかりやすく伝えるなど工夫を凝らした。
     そうした取り組みが徐々に伝わり、現場との信頼関係が構築できていったという。ここでの経験は1年間だけだったが、「最も達成感と充実感を得られた1年だった」と話す。
     総務と配車を学んだ後はグループ会社で営業を担当し、得意先回りや新規案件の受注を任されるなど、経験を積んだ。そして28歳の時、グループ会社である福岡丸善運輸の社長に就任。ここでは資金繰りを一から学ぶとともに、社長としての立ちまわり方を学んだ。
     2012年7月、30歳で丸善海陸運輸の社長に就任するとともに、社内環境をさらに良くするため、大きな人事異動を断行する。当時の主要な管理職を外すという大手術だっただけに、「苦渋の決断だった」と同社長も悩んだ。しかし、社長就任から5年が経ついま、「風通しのよい環境が整いつつある」と、手ごたえを感じている。
     同社長は現在、グループの管理機能を有する丸善グループ協同組合の副理事長も務めており、父であるグループ代表の大氏を支えている。グループは今、社員総数1300人を超え、車両総数は1200台を超える規模にまで成長した。
     将来的にはそんな同グループを背負っていくべき立場にある同社長は、「運送を軸にしながらも、倉庫や物流センターの運営にも力を入れ、バランスのとれた体力のある会社にしていきたい」と明確なビジョンを描いている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら