Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    西濃運輸 安全督励運動を実施、安全運行を呼びかけ

    2017年10月15日

     
     
     

     西濃運輸(神谷正博社長、岐阜県大垣市)は10月12日から13日にかけて、名神高速道路の養老サービスエリアで安全督励運動を実施した。
     同社では例年10月初めから1か月、労使と家族が一体となって事故防止のためにカンガルー運動を展開している。今回の安全督励も、運動を活性化させる活動の一環だ。
     安全督励当日には日比野利夫専務に加え、近藤寛労働組合委員長をはじめ労使合わせて23人が参加。さらに同社のグループ企業を含めた企業のトラックが、上がり線で103台、下り線で96台と、合計199台の運行車両のドライバーへ安全運行の呼びかけが行われている。


    102817.jpg
     カンガルー運動は今年で51回目。安全督励は今年で26回目となる。
    ◎関連リンク→ 西濃運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら