Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本GLP 物流施設の需要大、着工前の施設埋まる

    2018年2月20日

     
     
     

    日本GLPは2月1日、埼玉県新座市に開発する物流施設「GLP新座」を第一倉庫冷蔵(さいたま市南区)に貸し出すと発表。同施設はまだ着工していないが、1階から3階までの天井高を6.5m、平方mあたりの床荷重を1.7トン確保する提案が決め手となり、全棟を対象とした賃貸借予約契約が結ばれた。

    GLP新座は延べ床面積3万1000平方m、都心部から25キロ、関越自動車道所沢ICから1.5キロと近く、東京外環自動車道和光ICを利用できる。また、国道254号にも近く、埼玉県南部から南西部、東京都の城北・城西、多摩地域など幅広いエリアをカバーできる配送拠点としての立地条件が特徴。日本GLPとして初めての借地契約による開発プロジェクトとなる。

    第一倉庫冷蔵は日本GLPにとって新規顧客であり、①都心へのアクセスの良さ②同社の既存拠点に近い③施設内の保管効率を上げる施策―が決め手となって入居することになった。同社はこの施設を「新規需要の増加による物流拠点の拡張」として活用する。

    ◎関連リンク→ 日本GLP株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら