Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大和ハウス工業 「DLP札幌東雁来」が竣工

    2018年3月14日

     
     
     

    大和ハウス工業は2月2日、札幌市東区東雁来で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「DPL札幌東雁来」を1日に竣工したと発表。4月1日から稼働する予定。

    DPL札幌東雁来は、地上2階建て、延べ床面積6万5653平方㍍の北海道最大級の物流施設。総投資額は約100億円。

    札樽自動車道雁来ICから約2.5km、道央自動車道札幌ICから約4.1kmと近接、北海道全域へのアクセスが容易な立地にあるほか、札幌都心部まで約7kmと職住近接の就労環境が整っている。

    ネット通販事業者や小売業者、道内全域への配送を手掛ける事業者など、複数のテナント企業の入居を想定。最大8テナントの入居が可能で、約5418平方mの区画から入居できる。

    ◎関連リンク→ 大和ハウス工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら