Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本システムウエア 業務効率化支援システム、Liteプラン提供開始

    2018年3月1日

     
     
     

    日本システムウエア(東京都渋谷区)は、車両の動態、運行、配送を管理する業務効率化支援システム「GUIDE LINER(ガイドライナー)」を展開している。同システムは、市販のAndroidスマートフォンやタブレットがドライバー端末として利用でき、専用アプリケーションのインストールとWeb登録だけでサービスを開始できるもの。このほど、新たに低価格・短納期で利用可能な「ライトプラン」の提供を開始した。プロダクトソリューション事業本部の米倉芳浩事業部長(写真左)、天野嘉信氏(同左から2人目)、岩下正樹氏(同3人目)、高橋和哉氏(同右)に話を聞いた。

    同システムは、今回提供を開始したライトを含め、ニーズに合わせた3段階の導入プランを用意している。ライトは、車両位置と状態がひと目でわかる状況報告機能などが利用できる。

    スタンダードは、これに加え、運行計画の作成やドライバーからの詳細な業務報告が可能。管理画面上に、目的地や配送順、到着予想時間など、ログインしていない端末も含めた全端末の状態が把握できる。天野氏は、「手入力とCSVのインポートでカレンダー上に最大2か月分の配車計画を記録可能」と解説する。

    さらに、カーナビや自動配車、アルコールチェックといったオプション機能だけでなく、「様々な要望に応えてシステム拡張や追加ができるカスタマイズ機能に対応している」

    導入効果に、「業務の見える化やペーパーレス化」を挙げる岩下氏は、「これらにより効率アップが期待できる」と説明。ドライバーの持つ端末で急発進・急ハンドル・急ブレーキなどを検知し、時刻や地点データを蓄積。「ドライバーの安全管理に生かしていただきたい」

    「誰でも簡単に操作でき、ドライバーの個々のスキルに依存しないため、新規人材の活躍につながるのではないか」と話す同氏は、「働き方改革や物流現場の課題解決に役立つツールとなれば」と続ける。高橋氏は、「まずは、安価で機能を最小限に絞ったライトで、ユーザーに知っていただき、使い勝手を試してほしい」と訴える。

    ライトの月額費用は1台につき500円から。スタンダードは月額費用が3480円からで、いずれも最小契約数は10台から(初期費用、オプション、カスタマイズ料金別)。なお、ライトはGooglePlayからアプリをインストールし、ウェブ上で企業登録を行うと、1ライセンス限定で、1か月間無料で試用できる。

    「当社の強みは、システム開発。メニューにない機能でも、カスタマイズ対応のほか、ニーズがあればオプション機能への追加も検討する」とし、「システムを常に進化させ、拡充していきたい」と米倉部長。「ライトを含め、2年間で100社3000台の販売を目指す」と語り、未来を見据えていた。

    ◎関連リンク→ 日本システムウエア株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら