Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国分北海道 三温度帯対応の総合センターを新設

    2018年3月25日

     
     
     

    国分北海道(黒澤良一社長、札幌市中央区)は3月6日、三温度帯総合センターである「釧路総合センター」を新設したと発表。稼働日は25日から。

    所在地は、釧路市星が浦大通5丁目1番26号。延べ床面積は7128平方m、冷凍庫194平方m、冷蔵庫2347平方m、常温庫3680平方m。

    対応カテゴリーは、加工食品・菓子・酒類・冷凍食品・冷菓・チルド・生鮮など。配送エリアは釧根地区。

    同社では現在、釧路地区において常温センター2拠点、低温センター2拠点で運営をしているが、これらを1拠点に統合する事で、配送や庫内オペレーションの効率化、事業拡大への対応を図る。また、三温度帯総合センターに統合することで、品質管理レベルの向上を目指す。

    ◎関連リンク→ 国分北海道株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら