Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    住友倉庫 南本牧埠頭に新倉庫、来年6月竣工予定

    2018年4月28日

     
     
     

    住友倉庫は4月27日、横浜市の南本牧埠頭に、延べ床面積2万5400平方mの新倉庫を建設すると発表。

    南本牧埠頭は、東名高速道路と首都高速湾岸線に接続する臨港道路の整備に伴い、今後、物流利便性の向上が見込まれている。

    新倉庫は、南本牧埠頭コンテナターミナルに隣接し、輸出入貨物の取り扱いに適した立地。横浜市街地や首都圏へのアクセスに優れる。定温空調設備を備えるなど、さまざまな保管ニーズに対応する。

    また、2面のトラック・コンテナ接車バースを備えるほか、同社が独自に開発したトラック予約システムを導入し、トラックの待機時間の削減を図る。

    施設の概要は次の通り。所在地=横浜市中区南本牧3―19。敷地面積=1万500平方m。構造=鉄骨造り5階建て。延べ床面積=2万5400平方m。着工=2018年5月。竣工=2019年6月。

    ◎関連リンク→ 株式会社住友倉庫

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら