Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマト運輸 7月豪雨で被害甚大な3県に寄付

    2018年8月15日

     
     
     

    ヤマト運輸は「平成30年7月豪雨」の被災地の復旧・復興への支援を目的に、ヤマトグループを代表して、総額2億5000万円の寄付を行った。

    西日本を襲った豪雨災害が被災地の生活・産業・文化に深刻な影響を及ぼし、国から「激甚災害」に指定されたことを受け、特に被害の甚大な愛媛、広島、岡山の3県に寄付したもので、愛媛県には5000万円、広島、岡山両県にはそれぞれ1億円を寄付。8~9日に、ヤマトホールディングスの木川眞会長らが出席し、各県庁で贈呈式が行われた。

    ヤマトグループは「長年にわたり『宅急便』を育てていただいた恩返しも兼ねて、早期復旧・復興を目的に寄付させていただいた。被災された皆さんが1日も早く平穏な生活を取り戻されるよう、引き続き復興支援に全力で取り組んでいく」としている。

    ◎関連リンク→ ヤマト運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら