Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コープさっぽろ オートストア導入、宅配の取扱拡大に対応

    2018年9月17日

     
     
     

    コープさっぽろ(大見英明理事長、札幌市西区)は8月30日、関連会社の北海道ロジサービス(江別市)で北海道初ロボットストレージシステム「オートストア」導入について記者会見を行った。

    コープさっぽろでは、8月から宅配システムトドック(約37万世帯利用)での薬や日用品などの取り扱いを約170%増の1万6000アイテムに拡大。商品アイテム数の拡大にあたり、北海道初のロボットストレージシステム「オートストア」を導入した。

    オートストアは人工知能(AI)を内蔵しており、効率的かつ迅速に商品をピッキングすることが可能となった。コンテナ数は約1万4000箱、コンテナを取り出すロボットは70台。総投資額は約8億5000万円。

    オートストア導入の効果について、コープさっぽろの小松均宅配事業本部長は「約300坪のドラッグストアの品番を、ほぼカバーできるようになり、道内の買い物難民といわれる地域にも、ドラッグストアと同じレベルの商品が提供できる環境を実現できた」と述べ、北海道ロジサービスの眞鍋智幸執行役員専務は「本来、450坪程度の倉庫スペースが必要だったところが229坪のスペースで収まり、人員も60人くらいが必要だったところ約半分程度で収まった。非常に生産性が追求できた」と説明した。

    ◎関連リンク→ 生活協同組合コープさっぽろ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら