Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    honestbee マルエツと提携、100店舗を予定

    2018年12月26日

     
     
     

    メイド大国といわれるシンガポールで生まれた買い物代行コンシェルジュサービスのhonestbee日本法人(宮内秀明カントリーマネージャー、東京都江東区)はこのほど、スーパーマーケットチェーンのマルエツ(上田真社長、同豊島区)と提携。19年12月末までに100店舗のサービス提供拡大を予定している。

    同社のサービスはエリア限定で、地域密着を特徴としており、基本的には半径5km以内のスーパーマーケットや地域内にあるローカル店舗の商品を、アプリを通じて購入することができる。honestbeeの買い物代行プラットフォームに追加されたマルエツの都内10店舗の周辺地域では、マルエツ商品の注文が可能となった。

    マルエツとの提携による買い物代行サービスは、2019年2月末までに31店舗、同12月末には100店舗でのサービス提供を予定。さらに、この連携により、地域活性化の一端を担うべく、店舗周辺付近の雇用創出にも貢献していく考えだ。

    ◎関連リンク→ honestbee

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら