Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    新車の納期に1年以上 中古トラックにも影響が

    2019年6月20日

     
     
     

     トラックの納車が再び時間がかかるようになったようで、トラック・シャシーなら1年以上の期間が必要という。一部の運送会社では、今月発注した大型車が、なんと1年半後の納車になると言う経営者も存在し、トラックの納車には長期間必要と嘆く。

     大阪市住之江区に本社を構え、建設資材などをクレーン付きトラックや平車で輸送する運送A社は「昨年1月に発注したクレーン付きトラックは、本来なら今月に納車されるはずが、1か月後の7月に延びたとディーラーの担当者から連絡があった。通常でも納期が長いのに、再び1か月の納車遅れとは、どういうことかと、理由を説明に来た担当者に聞いても、ただ謝るだけ。さらに同社では、ドライバーの作業軽減を図るため、アルミブロックのアオリを求めていたが、材料の準備が間に合わず、鉄と木材でできたアオリに変更しての納車となるなど、トラック1台納車するのにトラブルばかりで頭を抱えている」と話す。

     また、同区の運送B社は「大型車の平車とトレーラトラクタを今月発注した。トラクタに関しては3か月から4か月で納車できるが、架装の必要なトラックは、ボディー作製に時間がかかり、1年半後の納車になるとディーラーから聞いている。トラクタは架装の必要がないため納車も早いが、トラックの場合は架装が必要で、ボディー作製を手掛ける会社も少ないことや、人手不足などが影響しており、発注しても時間がかかることは理解しているが、1年半は少し長すぎる。仕事は存在し、人も確保できているのに納車が遅くなれば、この不安定な経済情勢では、納車された時に物量を確保できるのか不安を感じてしまう」と語る。

     中古トラックの販売・買い取りを行う会社では「依然としてボディー架装の納期が遅いことから、すぐに車両が必要な運送会社が中古で購入するケースはある。車の代替えなどでは、あらかじめ納車時期を考えて発注し、新車を導入する場合が多いが、急に車両が必要になった場合は高額でも中古車を購入している。しかし、自らが求める車両を探すとなると、数も少ないため、どうしても高額での購入となる。新車の納期が遅いことで中古車にも大きく影響している」と説明するなど、〝新車がダメなら中古車〟という考えから、中古車にも影響を及ぼしているようだ。車がなくても、人手がなくても出来ないのが運送事業。車両・人手不足は運送会社にとって大きな課題だ。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら