Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本梱包運輸倉庫 新中期経営計画を発表

    2005年5月17日

     
     
     

     日本梱包運輸倉庫は17日、今年4月1日からスタートした3か年の新中期経営計画「KKH 07計画」の概要を発表した。
     「KKH」は改善、改革、変革の各頭文字で、全従業員から役員までPDCAを回しながら企業体質を変革し、存在感のある企業をめざし将来にわたって成長し続ける基盤をつくる。事業計画をより確実に達成するため、会社のインフラ整備や意識の変革を推進する構造改革プロジェクトを発足させる。また、自動車関連物流の営業展開を強化し、メーカーシェアの拡大をめざすほか、国際一貫物流の拡大と海外現地法人の業務範囲の拡充も図る。
     これらの取り組みで、07年度の営業収益(連結)で1550億円(04年度1240億円)、営業利益130億円(同107億円)、経常利益140億円(同115億円)の達成をめざす。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら