Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマト運輸 岐阜主管支店を新築・移転

    2005年11月4日

     
     
     

     ヤマト運輸はこのほど、岐阜県関市に「岐阜主管支店」を新築・移転したと発表。4日から営業を開始している。
     敷地面積は約5万4000平方メートルで延床面積は約1万4000平方メートル。2階建ての荷さばき棟と3階建ての事務棟からなり、荷さばき棟の1階で宅急便、2階でクール宅急便・クロネコメール便の作業を行うほか、ロジ倉庫も併設している。
     新ターミナルは従来の約3倍の床面積で、トラックの着車スペースとして52台分を確保。施設周囲4面着車となっている。毎時7500個の仕分能力を持ち、スムーズな荷物の流れも実現。さらに、発泡スチロール等の割れやすいケースを保護するクッションコンベヤーローラーを採用し、商品の保全に配慮した。
     個人情報を扱う部屋については、ICカードによるドアロックシステムを採用し、セキュリティー管理を万全にしている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら